[WP, Lumia 1520] Windows 10 Technical Preview for Phone をLumia 1520にインスコ

2015年 2月 16日 § コメントする

2月13日にMicrosoftが公式に Windows 10 Technical Preview for Phone を公開しました。現在サポートされているのは、Lumia 630、Lumia 635、Lumia 636、Lumia 638、Lumia 730、Lumia 830の6機種。なんですが、そこはそれ、XDA Developersにはサポートされていない端末へのインストール方法が記事になってましたもう一つの記事もありますが、こちらの方が簡単です。

New-Start-Screen-and-Interactive-Tiles-Show-Up-in-Windows-Phone-10-Concept-468834-2

手順としては、以下の通りで簡単です。

1. Windows Insiderアプリをストアからインストール

2. 証明書のサイトをWPのIEから開いて、ダウンロード後にインストール

3. Proxyサーバー経由で端末チェックをバイパス。Windows InsiderアプリでWindows 10インストール方法選択画面までいく

4. チェックをパス出来たら、Proxyをオフして、Windows Insiderアプリで普通にインストールを進める

5. 端末の、設定>電話の更新で、アップデートを探しにゆくと Windows 10のインストールができるようになります。再起動をした方がよい場合もあるかもしれません。私は再起動してみました。

但し、落とし穴としては、Sys free space が十分に空いていないとエラーで先に進めなくなります。これは、普通にインストールできる場合でも起きる現象らしく、私が参考にした記事にもありましたが、556,646,400=530.86MB 空いていないと、80188308 error でインストールが止まります。

この場合は、リセットするかROMを焼き直すと解消されるようです。リセットだけだと、Sys領域があまり空かないそうなので、自分は端末でのバックアップ後に Windows Phone Recovery Tool でROMを焼き直してみました。Macはサポートされていませんので、自分はVM上のWindows 10 TPでROMを焼きました。

昨晩はROMを焼いて、トリックを実施したところで力つきましたので、今朝Windows 10のインストールをしかけてきました。帰ってから確認してみようと思います。

Link: XDA Developers

[iPhone, iPhone6] ケースを頂きましたー

2015年 2月 3日 § コメントする

先週末にBlackBerryユーザーの皆さんとBB会が中目黒の焼き鳥屋さんであったんですけど、その時にお土産でiPhone6用のCaseMate製ケースを頂きましたー。ハードシェルなんだけど、コネクタとかの部分は柔らかい樹脂なので使いやすく、持ちやすいです。

IMG_1376
まずは表面から。

IMG_1374
パワーボタン側

IMG_1375
ボリュームボタン側

IMG_1373
裏側。すごいピカピカっぷりです(笑)

IMG_1372
下のライトニングとかヘッドフォン端子。自分はQIのアダプタを着けているので、柔らかいだと入れやすくて助かります。

IMG_1371
ピカピカすごくてわからないけど、ボリュームボタン側(左側)の下の方にCaseMateロゴも入っとります。

欲しい方はこちらね⬇︎
http://www.gaugau.jp/smaho-iphone-item/case/3977.html

[ガジェット, iPhone, iPhone5] iPhoneとBluetooth接続する腕時計 Citizen Eco-Drive Proximity

2013年 3月 5日 § コメントする

先日たまたまCnetかなんかの記事で見て便利そうなので、e-bayで購入してみました。まだ北米だけで日本では売ってません。現状iPhoneとしかBluetooth接続出来ません。Androidも出来るともっと売れるような気がしますけどね。

IMG_0320 IMG_0323

色は二色あって、ブラック/ブルーのものもあります。ネットの写真だとシルバー/ブルーのもありそうですね。使い方は簡単で、Citizen謹製のアプリをappstoreからインストールして、Bluetoothでシンクするだけです。最初の時は文字盤のPRにセットしてシンク、一回シンクしてしまえば、通常はTIMEに合わせておいて、接続したい時はアプリのスキャンをONにして、時計の左上の方のボタンを2秒押すと接続されます。

IMG_0324 IMG_0325

 

接続した時の基本機能は、時間のシンクとメールや電話の着信を教えてくれます。メールの制限としてはIMAPメールしか通知してもらえない点です。

飽きなければもうちょっと使い続けてみようかと思ってます。

[Android, Google Nexus 4, ROM] Custom ROM xylonを導入

2013年 3月 4日 § コメントする

Nexus 4が来てしばらくは普通に使っていたんですが、結局我慢できずにBootのアンロックとRoot取得をやってしまいました。
やってしまったからには、いろいろなROMを試そうということで、Paranoid Android, AOKP, Liquid Smooth, Cyanogen Modなど有名なROMを試したあげくたどり着いたのは、xylonというROMでした。動作もそこそこサクサクで、ブラウザの表示も早く、UIのカストマイズもそこそこ出来るので自分の中ではしっくり来ました。今画面はこんな感じ。

image

image

image

そんでもって設定画面や、ROMの情報です。

image

image

また飽きたら他のROM焼いちゃいそうですが。。

[iPhone, iPhone5] Verizon版 iPhone 5 を使ってみて

2013年 2月 19日 § コメントする

というわけで、連投です。一ヶ月前には、eBay からVerizon版 iPhone 5 の32GB 白を購入していたのでした。

見た目は変わらないので、モデル名がわかりやすいでしょうか。Verizon版は完全Unlockなので、AuのnanoSIMも普通に使えます。実は、アメリカの社会保障番号を入れろ画面でハマっている人も結構いると聞いていて、届くまでビクビクだったんですけどね。Apple Care + 付きのが買えました。前の人は ビバリーヒルズのApple Store で購入してたみたいですね。

IMG_0309

 

ついでにいまの画面はこんなんなってます。Jailbreak済みです。

IMG_20130219_173735

 

だいぶ使いやすくなりましたが、ひと通りイジったので、ひとまず落ち着いてます。

 

[Android, Google Nexus 4] Nexus 4 Unboxing (箱開けました)

2013年 2月 19日 § コメントする

明けましておめでとうございます。本年も宜しくお願い申し上げます。ってもう2月も終わりそう。まあ、先日春節だったってことで許してください。

さて、遅ればせながら Google Play USに在庫が戻ってきたらしいので Nexus 4 16GB と純正バンパーを購入してみました。今回転送サービスは、アメリ・マーケットプレイスさんにお世話になりました。

さっそく箱開け写真を見て行きましょう。

IMG_0266

まずは箱さんです。

 

IMG_0267

 

横から。

IMG_0268

 

箱の後ろです。

IMG_0274

 

中箱。渋いっすね。

IMG_0276

 

あ、N4さん見っけ。

IMG_0277

 

うんでもって、お約束のQuick Startと、

IMG_0278

 

ケーブルさんたちとSIMトレイを開けるピンさんです。iPhoneより突っつく穴がかなり小さいので、Appleのは流用不可。

IMG_0280

おまっとさんです。ようやく起動画面。ぐーごー。

IMG_0281

 

ROM焼きマニアはよく見てるスプラッシュ画面じゃないかな? 以前よりカッチョよくなってますけどね。

IMG_0282

 

設定画面。だんだん写真貼るのめんどくなってきた。SIMを最初入れてなかったせいか、日本語はあとから出て来ました。

IMG_0283

 

はいはい。スキップ、スキップ。

IMG_0284

 

この前に、WIFIの設定画面があったのですが撮りそこねました。これはGoogleアカの設定。

IMG_0285

 

IMG_0286

 

二段階認証にしている人はまた入力に飛ばされます。めんどくさい。

IMG_0287

 

IMG_0288

 

ふう、ようやくホーム画面。

IMG_0289

 

初期状態はこんなです。ライブ壁紙はフェーズビームという壁紙。

IMG_0291

 

初期状態アプリさんたち。その1。

IMG_0292

 

その2。

IMG_0293

 

ウィジェットさんたち。その1。

IMG_0294

 

その2。

IMG_0295

 

その3。

IMG_0296

 

その4。

IMG_0297

 

その5。標準ではあんまり入れたいのないんだよね。

IMG_0300

 

忘れてた。背面の写真。なんかサバみたいにビカビカしてます。

IMG_0302

 

ロック画面はこんな感じです。4.2だとカストマイズが出来るようで、ウィジェットが貼り付けられます。

IMG_0304

 

真ん中の鍵のアイコンにさわるとホワホワ〜とエフェクトが見れます。慌てて取ったのでピンぼけすいません。

IMG_0305

 

最初のバージョンは当然4.2 (Jellybean)。ですが、

IMG_0306

 

すぐに4.2.2の通知来ました。自分の分の後ぐらいからは最初から4.2.2が入っているかもね。

IMG_0312

 

アプデート後。ただUpしちゃうとLTEのスタックがゴニョゴニョ出来なくなっちゃうらしい。元々北米のバンドしか使えるようにならなかったからいいけどね。

IMG_0313

 

いまのホーム画面。日本語にして普通に日本通信のSIMで使えております。今のところLTEは使えてません。しばらくはRootも取らずおとなしく使おうかと。

いやー、写真貼り付けてる方も疲れましたが、ご覧頂きお疲れ様でした。今回は頑張って写真沢山貼り付けてみました。昨日アキバで見たら59,800円で売ってました。なかなかいい端末だと思うので、よかったら USのGoogle Playでどうぞ。この後、さらに円安が進むとわかりませんが、今ならアキバやAmazonよりは確実に安く買えます。

 

 

 

 

 

[Android, Sony Xperia Go] Sony Bridge for Mac で端末アップデートの注意点

2012年 9月 3日 § コメントする

Xpreria Goを使い始めて、はや一ヶ月以上経ちましたが、先日から端末の方にソフトウェアアップデートのお知らせが出るようになりました。

Windows PCの場合は、PC CompanionというソフトウェアをPCの方にインストールしますが、Macの場合は、代わりのソフトとして Sony Bridge for Mac (以前は Sony Ericsson Bridgeと言われていたもの) をMacにインストールします。それぞれ、PCやMacに端末を接続してソフトウェア経由でアップデートを行うようです。OTAで出来たほうが楽なのにね。ちなみに、Sony Bridgeの最新は3.0らしいです。

ここでまたつまづいたんですが、何度アップデートを行なっても、自動で電源OFFになった後、「端末がみつかりません」と怒られてしまいます。USBケーブルなども変えてみても、結果が変わらないので、ぐぐってみました。

どうやら、自動電源OFFに入った後で、USBケーブルをMac から抜いて5秒ほど待って、音量ボタンの下げる方を押したままでケーブルを再度Macに接続するとうまく行きました。何のおまじないなのこれ?

(参照したのはここ)  Sony Xperia サポートフォーラム

というわけで無事にアップデートが完了しました。ここでつまづいてる人は多いようなので、Sony Bridgeでアップデートする方はご注意を。。